「 ニキビができる原因 」一覧

ニキビを治したい方必見!ニキビが出来る原因はこんなにもあった!!!

誰もが1度は経験したことがあるニキビ。
ちょっと出来ただけでも憂鬱に
なっちゃいますよね。
実はニキビが出来る原因は
こんなにあったんです。

ニキビが出来る原因をおさえて、
ニキビの出来にくい肌にしましょう^^

 
 
 

ニキビが出来る原因

①ニキビの出来やすい
 食べ物の過剰摂取

e9df6e99a473f14544fe131b720a7525_s
胃腸や肝臓に負担をかける、糖分や
脂肪(からあげ、チョコレートなど)の
過剰摂取はニキビが出来やすい大きな
原因です。

なので、皮脂の分泌を抑える効果の
食物繊維や、ビタミンB1・B2・Eを
よく摂るよう心がけましょう。
 
 
②睡眠不足「毎日6時間以上の睡眠を確保」
cc6cb8d6e23efb5deb4231271e4aa88a_s
睡眠不足になると肌の免疫力が低下し、
ニキビが出来やすくなります。
そのうえニキビが大きく腫れ
やすくもなります。

ニキビを予防するのは、毎日6時間以上の
睡眠を確保し、仕事で帰宅が遅くなった日も、
食事の用意や入浴に時間をかけるよりも、
それらを手早くすませて、
早く就寝した方が肌にいいです^^

ただし、1日6時間以上寝てさえいれば
何時に寝てもいいのかというと、
そうでもありません。

就寝時間がまちまちだと、体内時計が
乱れて、肌の成長ホルモンの分泌に影響を
及ぼしてしまいます。

それを防ぐためにも同じ時間に寝て、
同じ時間に起きるといった規則正しさも
必要になってきます。
 
 
③ホルモンバランスの乱れ
e2613a33751bf78d561d51e98e662013_s
女性の場合、生理前に「黄体ホルモン」と
「女性ホルモン」と言う物質が強く
あらわれ出し、その影響で胸が張ったり
肌が張ったりします。

その時、頭皮や体・顔などの皮脂から
ベタベタするような油分が
出て来たことってないですか?

実はこれ、もう一つの黄体ホルモンと言う
物質の働きによるものなんですが、
この黄体ホルモン、男性ホルモンと似た
働きをする所があり、男性ホルモンの
特徴である皮脂油の分泌を外部へ出す
働きがあるんです。

脂油は、外部刺激などを守る為に
ある程度は必要になって来る貴重な
油分ですが、外へ出る量が多い為毛穴を
油がふさぎ、ニキビや肌トラブルを
起こしてしまうきっかけにもなるんです。

生理前によくニキビなどが出来るのは、
この黄体ホルモンの仕業だったんです。
そのため、体の内側から改善してくれる
漢方薬が役立ちます。
 
 
④枕を清潔に
dabc219d058a4d70ffb63c0096f843d3_s
清潔にしていない枕も実は、
ニキビを作る原因となります。

ダニは人間のフケや皮脂が
好物のため、枕を中心に集まります。
だから、枕に一番触れることが多い頬などに
ニキビが出来ることがあるんです。

毎日枕を洗うか、タオルなどを敷くことを
おススメします!
 
 
⑤油分を控えたスキンケア
「過剰な油分はアクネ菌の栄養源に」

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s
ニキビの原因となるアクネ菌は、
油を栄養として繁殖します。
そのため油分の多い化粧品をつけると、
ニキビが悪化することがあります。
ニキビ肌の人はオイルやクリームなどを
控えましょう。

「ニキビが出来るから化粧水しか
つけない」人も時々いますが、
それは間違いです。

肌が乾燥しすぎると、角質が厚く硬くなり、
かえって毛穴をふさいでしまうことが
あります。

なるべく水分を与えて、肌をやわらかく
保つことがニキビ予防に必要です。
 
 
⑥油分の少ないファンデーションを選ぶ
b12ed5ddda2f950cc120f842de39b6f4_s
油分の含まれているクリームタイプの
ファンデーションを使うと、ニキビが
悪化することがあります。

とくにオイリー肌の人はパウダータイプの
ファンデーションか、ルースパウダーに
とどめたほうが無難です。

ただ、どうしてもニキビ部分をカバーしたい
というのであれば、その部分のみコンシーラーを
使うのなら問題ありません。

そのほか、化粧下地も油分を含んでいて
ニキビに適さないので、保湿美容液などを
塗った上から直接、パウダー類を重ねて
塗るのがおすすめです。
 
>>人気のニキビ用洗顔はこちら
薬用ニキビ洗顔石鹸ノンエー