「 正しい洗顔 」一覧

ニキビに効く「正しい洗顔」☆この方法で、キレイな肌になりませんか^^

ニキビ効く正しい洗顔のやり方って知ってますか?
意外と間違ったやり方をしている人が
多いんです。

スキンケアの基本中の基本である「洗顔」。
ここで完璧な洗顔の仕方を身につけて、
ニキビのないキレイな肌になりませんか?

 

ニキビに効く正しい洗顔テクニック

f:id:nikibisenngann:20151028114743j:plain

①まず、ぬるま湯で顔をぬらす
手を洗って雑菌を落とし、そのあと、
顔をぬるま湯で素洗いしておきます。

②洗顔料をよく泡立てる
洗顔料を適量、手のひらにとり、
水を加えながら泡立てます。このとき、
空気を含ませるように
泡立てるのがポイントです。

③泡は皮脂の多いTゾーンから
のせる

皮脂分泌の多い額や鼻にかけての
Tソーンにまず泡をのせます。
くるくると円を描くように
軽く汚れとなじませる。
(卵を割らない程度の力加減で)

④次に頬などのUゾーンを洗う
頬やあごなどのUゾーンにも
泡をのせ、泡を転がすようにして、
軽く汚れとなじませます。

最後に目元や口元などの
繊細な部分にも泡をのせて、
軽くなじませます。

⑤ぬるま湯で、十分すすぐ
人肌程度のぬるま湯で、丁寧に
洗い流していきます。
とくにこめかみやフェイスライン、
髪の生え際などに泡が残らない
ように、ちゃんと洗い流す。

(すすぎ残しがないように丁寧にすすぐ)

⑥すすいだ後は清潔なタオルで
顔を押さえるようにやさしく拭く。

 
 

洗顔時にやってはいけない行動

146935
✔泡立てが足りない
泡の量が少ないと、洗顔料の濃度が
高すぎるうえ、摩擦の原因に。

✔ゴシゴシこすりすぎ
洗顔は摩擦で洗うのではなく、
泡で汚れを落とすもの。
こすって洗うと角層を傷つけるだけです。

✔すすぎ不足
生え際やあご下など、泡がついたまま
だと、肌への刺激になってしまいます。

✔時間のかけすぎ
長々とやりすぎると当然肌に負担に。
洗浄剤だということを忘れないで
おきましょう。

✔仕上げに冷水
肌を冷やすことで毛穴が一時的に
縮まったように感じますが、
その冷却効果は30分ともちません。
また急激な温度変化は、赤ら顔の原因に
なることもありますので注意を!
 
 

まとめ

いかがでしたか?
やりがちなNG行動が1つでも
あてはまった方はお肌を
痛めつけています!

ニキビに効く正しい洗顔テクニックをとり入れて
ニキビのない美肌になりましょう♪
 
 
ルナメアAC
 
ファーストクラッシュ